文具

やっぱりフランクリンプランナーかな【来年2021手帳会議】

みなさんこんにちは二宮です!まだまだ暑い日が続いていますがもうすぐ9月。

9月といえば手帳会議のシーズンです!

9月というのは各メーカーから翌年の手帳が発表されたり発売されたりという時期なんです。

そこで手帳好きなわたしらは来年どこの手帳を使っていくかを考えると同時に来年の手帳の使い方も計画するのが9月の恒例行事。

使い方?と思うかもですが強者たちは手帳の複数使いをしている人も珍しくないですから!使ってみたいと思える魅力的な手帳が多すぎて一冊にしぼれないっていう人もたくさんいます。で、使い方、使いわけの会議が必要になってくるんですな。会議って言っても一人であーでもないこーでもないを考えるわけです。これが楽しいんですよ!

最近は「予定はスマホのアプリで管理をしているから手帳は持たない」という方もいるようですが、わたしは断然紙の手帳派!

可愛くデコレーションをするわけではないし出かける時の荷物も増えちゃうわけなんですが、紙手帳は手放せません。

わたしも過去に ほぼ日手帳やら ジブン手帳やら クオバディスやら トラベラーズノートやら リフィルの自作にまで色々手を出しましたがここ最近はフランクリンプランナーに落ち着いています。

正確にはずっとフランクリンプランナーを使うというのではなく違う手帳を使ってみてはフランクリンプランナーに戻り、また違う手帳に移ってみてはフランクリンプランナーに戻って・・・の繰り返しです。

飽きっぽいわたしは同じ手帳を1年間使い続けたことってほとんどないかも。だらしな笑。

やっぱりフランクリンプランナーかな〜

フランクリンプランナーは予定を管理するだけではなく人生を作り上げるための手帳って感じで、ミッションステートメントだったかな 自分はどんな価値観を大切にして生きるか!そしてそこからずれていないか?みたいなことを記録するリフィルもあるみたい。

そこが最大の特徴とも言えるんですけど使ってないな、わたしは・・。

そんな感じで一般的なスケジュール管理にしか使ってないわたしはフランクリンプランナーじゃなくてもいいのかもしれないけど、フランクリンプランナーの何がいいかってあの独自のサイズ感!これに慣れてしまうと他の手帳だと違和感すごくて大変です。

フランクリンプランナーはサイズの呼び方も独特でコンパクトサイズっていうのが一般的なバイブルサイズに相当します。で、縦の長さととじ穴の位置は一般的なバイブルサイズの手帳と同じなんですが、横が長くて約11センチあります。バイブルサイズは約9.5センチ。この2センチの差が思った以上に大きくて書きやすさが段違いです。大きな文具店に寄ったときにでもチェックしてみてほしい!そしてできれば使ってみてほしい!

というわけで、9月の声をきいて全国各地の手帳好きたちのSNSもにぎやかになってきています。

インスタで「#手帳タイム」とか「#手帳の中身」っていうタグをたどっていくともうね、すごいですよ!あれも新しい表現分野だと思うほどかわいい、きれいな、アーティスティックな手帳の数々を見ることができます。眺めてるだけで楽しい。

そして手帳沼に堕ちる人が増えてくれたら嬉しい。

楽しいですよ、手帳沼。ふふふふふ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください